CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
コンドウヒロコのもいもい日記!!
<< 2012年03月04日のつぶやき | main | 2012年03月06日のつぶやき >>
フラッシュバック
0
    そんな大袈裟なことじゃなくて、
    今朝の駅までの道で
    ふと思い出したのは
    きっと久し振りにピアスをしたからだ。


    私の耳には4つのピアスが。
    3つは高校生の時にあけた。

    親に内緒で。

    確かに、ちょっと悪い事をしたかもと
    罪悪感を持ったことは
    今でも覚えてる。


    見つかった時は
    母にとんでもなく怒られた。
    顔は見れなかったけど
    きっと泣かせた。

    今となっては、ピアスをプレゼントしてくれるようになったし、
    妹もあけてる。

    でも、あの時は
    『せっかくのキレイな身体に穴をあけるなんて!!』
    と、大騒ぎだった。

    今更ながら、
    ごめんなさい。(笑)



    高校生時代は、
    いつでも悩みがあって
    色んな意味で自分が受け入れられなくて
    不安で仕方なかった。

    それが『思春期』だったのだと
    今になれば理解出来る。

    居場所を探していたのだ。
    生きる意味だとか、自分の価値を。
    そんなものは容易には見つからないもの。
    一生かけて探すものだし、
    自らが造り出すもの。

    でも、あの頃は
    それはそれで一生懸命だったのだ。


    ピアスは、わたしの『すがり』だったのかもしれない。
    ピアスをしてもなにも変わらない。
    でも、あの頃は
    『何か変わるかもしれない』と
    見えない何かにすがっていたのかもしれない。

    何が苦しいのか
    何が不満なのか
    答えなんか全然出なくて
    もやもやしていた。


    初めてのパーマも失敗したし、
    身長はいつまでたっても伸びないし、
    何となく打ち解けられなかった
    クラスの友達とかも、
    全部が全部納得できなくて
    くすぶっていたのだ。

    部活以外は楽しくなくて
    もやもやしていた高校生。


    ふと、思い出して
    あるきながら1人で笑いを堪える。

    真剣だった。
    真面目に悩んで、
    ガムシャラになっていた。


    今もあんまり変わってない。

    母には心配をかけ続けてるし
    身長は高校生の時のままだし
    芝居は続けてる。


    でも、
    あの頃の絶望感は無くて
    親孝行を早く出来たらと思ってるし
    この身長にも納得してるし
    ちょっとだけど、誇りもある。

    自分の誕生日には
    『産んでくれてありがとう』
    と、胸を張って言える今がある。

    それだけでも
    ちょっとは大人になれたかなと
    思うのです。
    | わたくしごと | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog-2.rigolock-hitman.com/trackback/1245554