CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
コンドウヒロコのもいもい日記!!
<< シオーナ | main | 水墨画アニメ >>
コアラ
0
    最近動物の事を書いてばかりですが、、、。
    絵を描く為に色々と動物の写真などを見ている訳なのです。

    で、今回はコアラ。



    これは普通のコアラです。
    動物園に行くとだいたい寝てますね。
    オーストラリア大陸に生息しています。
    ユーカリを主食としてます。

    ぬいぐるみの様な容姿はとってもかわいい。
    でも、爪が結構鋭いのでだっこした時は痛いとか聞きますね。
    あたしは触った事ありませんが、いつか触りたい。


    さて、ここからです。

    世界に一匹しか居ないと言われるコアラ。
    目が青いそうで、とっても珍しいんだとか。


    オーストラリアのゴールドコーストにある遊園地と動物園が併設されたテーマパーク「ドリームワールド」。
    そこで青い目を持つコアラが誕生した。
    両親は茶色い目なので、突然変異ではないかと考えられているそうです。
    このコアラには「OL'BLUE EYES IS BACK」というアルバムを出したジャズシンガーのフランク・シナトラにちなんでフランキーという名前がつけられたそうです。


    次に、アルビノと呼ばれるメラニンが欠乏する遺伝子疾患を知っていますか?
    ホワイトタイガー・ライオンとかは違うようです。
    身体は白又は黄みがかった白で、目は赤いものを基本的に言うようですが、詳しい事はこちらで確認して下さい。→→アルビノ(Wikipedia)
    サンディエゴ動物園にはアルビノ・コアラのOnya-Birri君がいるそうです。野生のコアラにはときたまアルビノがいるけど、動物園でアルビノというのはすごく珍しいらしい。
    見つけた記事は1998年となっていたので今もいるのかなぁ?
    色が白いってだけでこんなに違う雰囲気なんだね。



    で、最後に。



    こちらのコアラは信じられないほど珍しいコアラなんだそうで。
    遺伝情報の欠損で生まれたアルビノではないそうで、アルビノよりもっと珍しいそうです。
    でも目の回りが灰色で鼻も普通のコアラと同じようになっている。
    このコアラはミックって愛称で呼ばれ、オーストラリア東部の森で発見。
    当初は目が見えない状態で保護された。
    保護されてから、あまりの珍しさにコレクタなどへの転売を目的に盗まれたりしないように厳重な保護下に置かれ、そして目の手術をして抗生物質を与えるとこのコアラちゃんは除除に元気に。



    そしてミックは自然に返されたらしい。ただしその場所はやはり秘密で、レンジャーの人が今後もこのコアラを見守るそうです。ちょっとホワイトコアラで目立っちゃっうけど、他のコアラちゃん達はミックを拒絶することなくみんな仲良くやってるそうですよ。


    珍しさに目がくらんで、それを取り上げているあたしもあたしだけれど、、、
    それはあくまでも自分が知らない事を知りたいという追求。
    でも、だからって自分のものにしたいとか
    見せ物にしてお金もうけをしようとかは思わない。

    容姿が違う事。
    それはみんなそうだ。
    色、カタチ、大きさ、性別。
    なのに差別したり、違う事をおおきくけなしたりする事は
    集団の中で生活しているが故の考えなのか。

    生きている事はおんなじ。

    大事なのはそこだとおもう。
    自分とは違うから、人は他人に惹かれる。
    それだけの事ではないの?
    | いきもの | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog-2.rigolock-hitman.com/trackback/1209974