CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
コンドウヒロコのもいもい日記!!
愛でたい。。。
0
    多忙な日々をお送りの方々、
    時間に追われ憩いのひとときを。

    ぱんだ。

    ああ、なんてかわいいんだ。

    何故白黒なんでしょう。
    竹やぶの中で目立ってしょうがないだろうに。
    そして中国にしか生息していない。

    中国にあるパンダ保護センターのパンダたちは
    辿るとみんな同じ親から生まれたそうで、
    近親での繁殖。
    人工的に数を増やす事は、それなりのリスクもあるって言う事。

    『そんな事をするのならいっそ絶滅させてしまえばいい。』
    と声をあげる学者さんもいるようです。



    しかし、この愛くるしさは、、、、

    さわりたい。


    とってもかわいいショットを見つけたので
    癒される〜。


    『がんばって!もうちょっと!!』

    まるで手助けしてるみたい。
    雪まみれなのがまたカワイイ。


    『ぅおおおおおおうっ!!』

    何か心の叫びがあるのね!?
    なにがあったの!!と言いたくなる一枚。


    『チョイッ!!』

    俊敏な動き!!障害をものともせず。
    ってか、人間が入ってるみたい(笑)


    『来るならコイ!!』

    隙がない、、、。あの構えはなんだ!?
    パンダ拳、、、。


    『アウチ!!!!』

    やんちゃはいいことです。
    でも、はしゃぎすぎてケガしないでね。
    人間だったらヤバい落ち方してます。



    何だか人間のような雰囲気をかもしだしている
    このぱんだたち。

    ああ、可愛いったらありゃしない。


    上野動物園にもパンダが来ますね。
    ちょっと先の話ですが。

    でも、パンダを『借りる』という形なので、
    毎年中国に一億円支払いするらしいです。
    貴重な分、お値段も。


    貴重と言えば、茶色いパンダが見つかったそうです。

    見つかったのは中国中央部にある陝西省・秦嶺山脈の自然保護区。昨年11月の発見当時の体重は約2キロで、生後2カ月未満。そばに白と黒の赤ちゃんパンダがいたそうな。

     茶色いパンダは85年に初めて見つかった。場所は秦嶺山脈で、その後も確認され、今回で7例目。必ずしも偶然と言えなくなる。他地域での報告はなく、両親とも茶色でなければ生まれない可能性が。一部の専門家は「生息域が限定され、近親交配ではないか」と推測。

     一方で、秦嶺山脈のパンダで近親交配が進んでいるという遺伝子解析はない。同地域にすむ黒と白のパンダで、胸の辺りが茶色い毛も確認され、環境要因説まで浮上しているらしい。


    環境破壊で一番に被害を受けるのは動物なんですよね。
    森を追われるチンパンジーや、街で餌を探すシロクマ。
    プラスチックを飲み込んで亡くなるウミガメや、
    油まみれのペンギン。

    便利さの追求、自然破壊。
    考えていかなくちゃいけない事はたくさんある。
    | すきなもの | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
    ジョリーナジョリーX
    0
      先日、
      び〜ば〜に熱烈に紹介した

      『ヤンヤンまちこ』のHP。

      かなり気に入ってくれた様子。
      何回も何回も見ていた(笑)

      で、
      今回は
      第一話『ボーボーやん?』
      の中に出てくるCMフルバージョンを紹介。

      めちゃめちゃシュールでおもろいんですよ。
      おすすめです。



      「ジョリーナジョリーX」
      濃い顔のくまさんがいい味だしてます。
      画像をクリックするとそのサイトに行けますから、
      のぞいてみてください。
      あんなイラストを描いてみたい。


      あのね、
      きっとあたしは
      ずんぐりむっくりの体系の動物が好きみたいです。
      そそられる。

      | すきなもの | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
      やんやんマチコ
      0
        先日紹介した

        『USAVICH』


        ロシアの監獄で快適な収監生活を満喫中のウサギ、キレネンコとプーチン。時には看守とのイザコザから、ユルくて楽しい毎日が意外な展開に発展したり…。リズミカルな展開にドタバタ満載!トラブルはてんこ盛り!独特のセンスで定評を集めるカナバングラフィックスが制作を担当した良質のシチュエーションコメディ。

        に引き続き、
        あたしがキュンとしたものを
        紹介します。

        『やんやんマチコ』



        http://yanyan-machiko.com/

        第一話「ぼーぼーやん?」が無料で観れます。
        たのしいから観てみて!

        これもウサビッチと同じスタッフが制作したものです。
        シュールなかんじがたまらない。
        アートとしても成り立っているからすごいし、
        自分たちの面白いと思っている事が
        仕事になって、評価される。
        目指すところはそこですよね。
        その制作した会社はこれ




        設定とかデザインとかすごく面白い。

        自分が刺激されるものは
        観ていて勉強になるし、
        楽しみながら創作意欲をかき立てられる。

        よいなあ。
        | すきなもの | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
        USAVICH
        0
          今年のはじめ、弟から紹介された

          USAVICH







          なんてヤツだ。
          かわいすぎる。

          以前言われたことがある。
          イラストやキャラクターを描くにあたって、

          『アクの無いものは広く活用方法はあるが
          特色のあるモノはインパクトがあって普及しやすい。』

          生み出されたものはその人を象徴し、
          面白さに繋がる。

          あたしも何かを描くときに
          それらを考えてやるけれども
          時に
          市場に出すものには規制がかかる。

          自分の好きにできる場は
          結局は自分にしか作れない事が多くて、
          そのために今をどうするか。
          その場所作りはやっぱり自分で開拓するしかなくて
          我慢する時期も必要なのだ。

          精神も技術も
          いつかの自分の為に。
          | すきなもの | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
          追加!
          0

            アハハ!
            ムックは大人だ。

            『派手な事はガチャピンにお任せしたいと思います』
            だそうです。


            | すきなもの | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ガチャピン日記
            0

              おもしろいε=(>ε<*)プッ

              かなりおもしろいのよ、この本。ガチャピン著の『ガチャピン日記』今日見たのは第2弾ですが…。
              ようは、ガチャピンのブログです。


              読めるかな?
              ガチャピンいわく、ムックの抜け毛を拾うとラッキーとの事。


              ムックの抜け毛って…
              (≧〜≦))ププッ


              まあ、確かにムックは雪男こ子供なので抜け毛もあるわな。
              ちなみに、ガチャピンの腕についてるイボイボ(エネルギーボール)は14コ!


              | すきなもの | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |